もしもの事故に備えて…

交通事故が起きてしまった場合

安全の確保
①周囲の状況を確認し、外へ出ましょう
②発煙筒や停止表示板などで事故周辺に注意喚起をしましょう

負傷者の確認
事故後、迅速な応急処置により助かる命や、後遺症を残さない事に繋がります。

連絡
①けが人がいる場合は、119番への連絡
②けが人がいない場合は、110番への連絡

その後
110番に連絡した後も、急に体調を崩したり、後々症状がでる方がいます。なるべく早めに病院または、接骨院への受診が必要です(治療費の請求には「交通事故証明書」が必要なので、センター事務所へ申請しましょう。)
交通整理が終わったら、任意保険会社にも連絡する事をお忘れなく。

トップ

知っといて損はないポイント

もしもの事故に備えて

二次・三次被害を防ごう
周囲の状況を確認するのがもっとも大切です。確認せず外へ出たり、そのまま車を運転したりするのは、更なる被害を招きかねません。普通の精神状態では、ない事がほとんどです。【周辺の人に協力】をして頂きましょう。

救急車にはなるべく乗りましょう
事故後の興奮状態で、痛みの感覚が普段より感じなくなっています。少しでも普段と違うと感じた場合は、検査をしてもらっておくとその後の経過が良好となるケースが多いようです。もしくは、早めに病院へ行っておきましょう!
※病院での検査が終わり、診断書を出してもらいましょう。診断書がないと接骨院での通院は出来ません。

不安やわからないことを相談出来ます!
同じように悩まれている方を見ている整骨院ならではのアドバイスもあります。ケガをどう改善して、いかに後遺症を残さないか…稀に、なるべくもらえる額を増やしたいと様々な方法を考える方もいますが、ほとんどの方はうまくいかずに後遺症などが余計に残って補償もないような状況になります(お金より、後々のより良い生活の為に何をしなければならないのかをしっかりと判断して頂きたいと思います)

費用

症状がなくても病院または、接骨院へ
症状が出なかったといって安心できないのが、交通事故です。1~2週間後に症状がでた際に、病院も接骨院も行ってない状況だと、自賠責では請求できなくなる事もあります。一度は病院や接骨院での検査をしっかりとしてもらうと良いかもしれません。

病院のメリット
・忙しい方
⇒病院での通院は頻度が少なくて済む
・病院同士での連携がある
⇒症状によっては専門分野外の相談も紹介状をもらい診断してもらうことも出来る
・入院や大けがの場合も安心
⇒大きなケガの場合は、提携の総合病院などへ紹介もしてくれる

接骨院のメリット
・治るか不安・心配がある
⇒一回の治療費が少ない分、通院頻度を多く設定できる為、症状の変化をすぐに聞ける
・その後のケアを保障してもらえる
⇒通院時に慰謝料(4200円/1日)がもらえるので、その慰謝料を示談後の治療費に充てる方もいます。
・専属の施術担当者がつく場合が多い
⇒当院もそうですが、一度担当になると継続して状態を見るので経過がわかる
※保険会社と話しをする時なども含めて、施術を担当する人が決まっていると良い

トラブルを回避する方法

メモをしよう
自身が動けるようなら必ず、①加害者側の氏名と連絡先(携帯電話と固定電話)、②住所、③車のナンバー、④任意保険の会社名+担当者名⑤自賠責証明書番号を確認してメモをしてください。

写真を撮ろう
事故の状況を正確に伝えない方がいます。パニックになってしまって言っているのか、自分の非を認めたくないのか…その辺はよくわかりませんが、そういったトラブルを避けるためにも、事故した後の現場写真は保存しましょう。
※ただし、周囲の安全が確保出来ない状況ではご法度です。

目撃者を確認していおく
事故の現場では第三者の意見が大事になることがあります。トラブルに発展してしまった際には、その証言が有力な情報となる場合があります。相手が全然違う証言をした場合などは協力をして頂けるようにお願いしておくか、念のため氏名や連絡先を教えてもらっておくのも良いかもしれません。

トップ

通院を希望される方

自賠責について

基本的には、窓口での料金はかからない
①保険会社に連絡をし、接骨院や病院へ通うことを伝えましょう。
②患者さんが行きたい場所で治療は受けられます。
③もし、治療をお願いして相性が合わない場合は変更する事も可能です。
※ここなら、改善出来そうだという安心を与えてくれる治療院をお探しください。

初期症状が大事
どんな症状で、どういう経過を辿っているかがわかると完治します。初期症状からの経過によって、ケガの原因を判断する材料が揃います
※あまり遅いと事故との因果関係を証明できなくなりますので、注意が必要。早めの受診をオススメ致します。

どんな悩みでもとりあえず聞いておく
些細な事でも大きなケガの初期症状が隠されているケースもあります。どんなことでもまずは気軽に話しが出来る先生を見つけ、相談しながら一緒に治してもらえるような先生を見つけましょう!保険のことも弁護士や専門家がバックアップしてくれます。
※当院は、いつ来ても専属のスタッフ(院長)が対応しますので安心して任せられます。

トップ

よくあるケース(お読みください)

こんな方は…要注意です

後遺症が残りやすい方の多くは…
「仕事も休めず来れる時もあまりありません」「短い治療時間でも良いので、治療してください」など、治すのであれば、初期の検査と治療が最も重要です。その時期にしっかりとした治療を受けないと、後遺症となる事が多く、しかも!こういった方は、症状が残っていても補償の対象外になるケースも多いんです。
まずは、治す事に集中しましょう!仕事との調整が難しいなら、診療時間が合う他の治療院は近くにありませんか?治すためには、そういった情報を探すのも一つですよ。

治療を続けているが一向に良くならない方
時間も合うし、治療も継続しているが良くならない場合は、他の治療院へ変更する事も可能です。保険会社に一本電話を入れるだけで変更はできます。効果が期待できない様であれば、転院されるのも一つの方法です。
※ただし、経過を知っている先生に診てもらっていた方が、最終的には良くなっていくケースもあります。治療院を変える際は、しっかりとした技術を持っている先生を見つけないといけないので、大変かもしれませんが探してみるのも後遺症を残さない為には大事なことですよ。(日頃から怪我をした際に、自分の身体をまかせられる接骨院を見つけておくと便利です)

トップ

交通事故治療情報センター