おおつか接骨院のブログをご覧いただきありがとうございます。

はじめに…【健ブロ】というブログを立ち上げようと思った経緯を知って頂ければと思います。

私自身、ケガに対しての処置をしっかりとできる様に勉強を重ねてきました。患者さんも様々な方を見ることが出来たのもありがたいことです。
ただ、最近2点ほど治療をしていてこのままでは良くないのではと思う点がありました。

一つ目
最近では、接骨院や鍼灸院などで働いている仲間との交流の中でも…
「患者さんが色々な情報を調べてきて、かなり詳しい方が来院される」
なんてケースが多くなってきました。

このケースの問題点!
『問診が難しくなる』

患者さんを問診する際に自分がこの病気であろうとかケガであろうと思い込んでしまい、それに当てはまる症状や原因ばかりを話してしまう。これは、誤診の危険性がかなり高まります。私も研修中に問診に重点を置いていた際に、治りが悪かった方の中には、誤診をしてしまった方もいたと思います。
少しずつ固定観念を持たないよう接し、触診技術や視診の技術が上がる事で患者さんの状態がどんどんわかる様になってきました。


二つ目
健康ブームがまだまだ、継続しています。走ったり、体操やストレッチを心がけている方も多いはず。
「(痛みや違和感がある)ケガをした後に、自らネットで調べた方法などで対処してみる」
なんてケースも増えています。

このケースの問題点!
『治療期間が長くなるほど状態を悪化させてしまう』

これは、「こんな症状にはこの体操やストレッチが良いですよ。」などの言葉を見て、私の症状も一緒だから効果があるかもとやり過ぎてしまうこと。特に自分自身でのマッサージはオススメしません。よくあるケースなんですが、炎症がひどすぎてこちらでアイシングの処置程度しかできなくなってしまうこともあります。


今は、ネットでなんでも調べられる時代です。
健康に関する知識を調べるのも良いんですが、まずは[基礎の知識]と[やってはいけないもの]を見極めることも大切ですよ。

独学に限界を感じたら…

仲間と一緒に健康になろう!