交通事故の患者から「首がつらい」となる場合には、むち打ち症と呼ばれます。なぜなら、むち打ち症とは正式な名称ではありません!

交通事故で首がつらくなった方のことを総称してそう呼んでいるだけ
五十肩も肩が上がらなくなった方を総称しているだけです。

ってことは、本当の名前は?
外傷性頚部症候群と呼ばれるものです。

症候群とは、似たようなものをまとめた呼び名なのでその中にも症状や状態によって種類があります。

“ 5種類 ”



[名称&どこが悪くなっているのか]
頸椎捻挫型:全体の約7割程度。靭帯や関節のケガ
神経根型:骨や筋肉などによる圧迫が原因による神経症状がでてしまったもの
脊髄症(脊髄損傷)型:脊髄(木でいう所の幹のようなもの)とは、重要な神経のケガ
バレ・リュー症候群:神経系の異常
脳脊髄液減少症:髄液の減少


[整骨院での対応が難しいもの]
・バレ・リュー症候群:神経へのブロック注射などが効果的な為、病院での対応が望ましい
【主な症状】めまい、耳鳴り、目のかすみ、視力低下、心臓部の痛み・息苦しさ、かすれ声、嚥下困難(つばが飲み込みづらい)、頭痛、注意力散漫など
・脳脊髄液減少症:脳などを守る為に液体が少なくなってしまっている状態
【主な症状】激しい頭痛(寝ると緩和)、めまい、吐き気、耳鳴り、倦怠感、発熱など
※病院と提携している整骨院では…他の原因もあるような症状が強く出ている方は、他の原因となる筋肉や靭帯の治療を医師の指示に従い治療を進めていくことも可能です(なにより、患者さんの症状が早く落ち着くことを重要視しています)


[整骨院でも対応しているもの]
①頸椎捻挫型:ポイントは神経症状がないものです。
②神経根型:①と合わさって起きる場合もありますが、シビレなどの症状もあるもの(病院との連携も必要)
③脊髄症型:ここまでのケガではかなり重症です。後遺障害が残る可能性が高いため(病院との連携が必須)

[病院と接骨院の連携(対診)]
病院との連携は、患者さんにとっても様々なメリットがあります。
しかし、間違った転院をしてしまうと逆にデメリットになることも…

~やってはいけないことの例~
・転院をする時に紹介状がないもの
⇒初期の状態を診ている医師に相談をして、転院の希望を伝えましょう。
※ただし、救急車などに乗って一時的に利用した場合は、その後に早めに最寄りの病院または整骨院へ行きましょう(保険会社に電話するだけでOK)
・整骨院などでひどい神経痛があっても、病院への通院をさせてくれなかった
⇒診断書を出してくれた医師に紹介状を書いてもらい病院への転院をさせてもらう。
・病院での治療時間が短く、2・3週間あまり変化がないが転院できなかった。
⇒変化がない場合には、転院や対診を依頼する
※対診とは…主治医の判断で必要とする専門家と連携していくこと


[転院や対診をする時に…]
~円満に解決した質問例~
⑴ココだと通いづらい為、仕事場(家の近所)の病院(整骨院)へ転院させてもらえますか?
⑵身体が凝ってしまっているので、マッサージなどを受けても良いですか?
⑶後遺障害が残ってしまうと困るので、病院への紹介状を書いてもらえますか?
※同業種他種でも繋がりってありますから…角が立たないように話しが進むと良いですね





独学に限界を感じたら…

仲間と一緒に健康になろう!